WHO憲章・PIA健康の定義

予防医学(代替医療)の実践はどの年代も
いきいきとした最高基準の健康を目標にできます

当協会の健康の定義
①疲れにくく回復が早いこと
②適度な欲求を持つこと
③よく眠り目覚めが良いこと
④良い記憶力をもつこと
⑤朗らかで機敏であること
⑥若々しいセンスがあること
⑦どんな事にも腹を立てないこと
⑧限りない感謝の気持を持つこと

WHO憲章前文
この憲章の当事国は、国際連合憲章に従い、次の諸原則がすべての人民の幸福と円満な関係と安全の基礎である事を宣言する。
健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。
到達しうる最高基準の健康を郭有することは、人種、宗教、政治的信念又は経済的もしくは社会的条件の差別なしに万人の有する基本的権利の一つである。
すべての人民の健康は、平和と安全を達成する基礎であり、個人と国家の完全な協力に依存する。
ある国が健康の増進と保護を達成することは、すべての国に対して価値を有する。
健康の増進と疾病特に伝染病の抑制が諸国間において不均等に発達することは、共通の危険である。
児童の健全な発育は、基本的重要性を有し、変化する全般的環境の中で調和して生活する能力は、このような発育に欠くことができないものである。
医学的及び心理学的知識並びにこれに関係のある知識の恩恵をすべての人民に及ぼすことは、健康の完全な達成のために欠くことができないものである。
公衆が精通した意見を持ち且つ積極的に協力することは、人民の健康を向上する上に最も重要である。

予防医学(代替医療)の実践はどの年代も
いきいきとした最高基準の健康を目標にできます

Copyright© 2018 Preventivemedicine Innovationtherapy Association. All Rights Reserved.